このサイトの写真等の無断複製・転載・使用はお断りします。

桐生広人 KIRYU Hiroto

1950年長野県生まれ。75年、グリンピースの反核キャンペーンにカメラマンとして参加。

タヒチのムルロア環礁、マーシャル諸島のロンゲラップ島など各地で核実験による被曝者

などを撮影。

93年には、ロシア太平洋艦隊が放射性廃棄物を日本海に投棄する現場を、

グリンピースの船上から世界に発信。

著書「南の国のヒバクシャ」(リベルタ出版)、「ヒバクシャー世界の核実験と核汚染」(草の根出版会)。  http://web.me.com/hirokiryuu/NUCLEAR_FREE/Welcome.html

 

KIRYU Hiroto

 He has photographed victims of nuclear tests, including those on Mururoa Atoll, Semiparatinsk, and Rongelap. In 1993, from aboard a Greenpeace ship, he took photos of a Russian fleet dumping nuclear waste in the Sea of Japan, and released these to the world.

 

成長障害に苦しむ18才の少女An 18-year Old Girl Suffering from a Growth Disorder
成長障害に苦しむ18才の少女An 18-year Old Girl Suffering from a Growth Disorder

 被曝した両親から生まれ、さらに残留放射能のある島で暮らして、環境からも被曝し、成長障害と精神発育遅能をきたした18才の少女。身長は120センチしかなく、上顎の奇形をともなっている。

(1993年マーシャル・メジャット)

This eighteen-year-old girl was born to parents who had been exposed to radioactivity from nuclear tests.

She was raised on an island contaminated by residual radioactivity. She is only 120 centimeters tall, and retarded both physically and mentally due to the effects of radiation. She also has a deformity in her upper jaw.

(1993, Mejatto, Marshall Islands )

 

猛烈なかゆみ心臓にも病気 Unbearable itch and Heart Disease
猛烈なかゆみ心臓にも病気 Unbearable itch and Heart Disease

 モルロア核実験場で働いていた労働者、大気圏内核実験中に、放射能で被曝したせいか、今でも頸などに猛烈なかゆみが起こるといい、頭をかきむしる。

 心臓などにも病気が起こり、密かにフランス軍医から処方箋を書いてもらったという。

(1995年9月 タヒチ)

his man also worked for many years at the atmospheric nuclear test site. He developed a skin disease on his scalp which was unbearably itchy and also suffered from heart disease.He asked a French military doctor to prescribe medicine for him secretly.

(1995,Tahiti )

 

 

※写真家の写真を無断で利用された場合には、罰金をお支払いただきますので、ご注意ください。

■■■ ENGLISH ■■■

 

 

 

 

The World Hibakusha Exhibition

(NPO No More Hibakusha)

#603, Toritsudai Mansion 1-6-7 Nakane, Meguro-ku, Tokyo152-0031, Japan