このサイトの写真等の無断複製・転載・使用はお断りします。

本橋成一 MOTOHASHI Seiichi

1940年東京都生まれ。写真家、映画監督。68年写真集「炭鉱〈ヤマ〉」で第5回太陽賞受賞。以後、サーカス、上野駅、築地魚河岸、大衆芸能など、市井の人々の生きざまに惹かれ写真に撮り続ける。91年よりチェルノブイリ原発とその被災地ベラルーシに通い、汚染地で暮らす人々を写し撮る。95年、「無限抱擁」で日本写真協会年度賞、写真の会賞を受賞。98年「ナージャの村」で第17回土門拳賞受賞。写真家として活動すると同時に、「ナージャの村」「アレクセイと泉」「バオバブの記憶」などのドキュメンタリー映画も制作している。最新作は写真集「屠場〈とば〉」(平凡社)。

HP http://motohashi.polepoletimes.jp/#/

 

MOTOHASHI Seiichi

  He has photographed victims of the fallout from Chernobyl, contained in his collection titled “Nadya’s Village” .He has also photographed MARUKI Iri and Toshi, two well known painters who were themselves victims of the atomic bombing of Hiroshima. For ”Nadya’s Village” he has awarded the Grand Prize for “eco-media” at the Environmental Film Festival, held in 1999 in Freiburg, Germany.

 

祝宴 Wedding Celebration
祝宴 Wedding Celebration

二人は子供ができたらこの村から引っ越すのだと話していた。

(チェチェルスク地区

The young couple said that they will leave this village when they have a baby .

(Chechersk District )

こんにちわ Konnichi-wa (Hello)
こんにちわ Konnichi-wa (Hello)

小屋の前でナジェージュダさんの記念撮影をしていたら、突然小さな豚が顔を出した。

 

オートル村 撮影 本橋成一

I was taking a picture of Nadezhda in front of a hut. Suddenly two pigs stuck their faces out of a small window. (Ohtol Village MOTOHASHI Seiichi)

 

※写真家の写真を無断で利用された場合には、罰金をお支払いただきますので、ご注意ください。

■■■ ENGLISH ■■■

 

 

 

 

The World Hibakusha Exhibition

(NPO No More Hibakusha)

#603, Toritsudai Mansion 1-6-7 Nakane, Meguro-ku, Tokyo152-0031, Japan