このサイトの写真等の無断複製・転載・使用はお断りします。

伊藤孝司 ITOH Takashi

1957年 長野県生まれ。フォトジャーナリストとして日本の過去と現在を、アジアの民衆の視点からとらえようとしている。

アジア太平洋戦争で日本によって被害を受けたアジアの人々、日本がかかわるアジアでの大規模な環境破壊を取材し、雑誌・テレビなどで発表。

広島で5万人、長崎で2万人と言われる韓国・朝鮮人被爆者の写真を撮るとともに、平壌で暮らす広島での被爆者を描いた映画『ヒロシマ・ピョンヤン』を監督。

日本写真家協会会員/日本ジャーナリスト会議会員。

≪著書≫『原爆棄民』(ほるぷ出版)、『アジアの戦争被害者たち』(草の根出版会)、『地球を殺すな! 環境破壊大国・日本』(風媒社)など多数。

HP http://www.jca.apc.org/~earth/(伊藤孝司の仕事)

 

ITOH Takashi  

He has photographed Korean victims of Hiroshima and Nagasaki. These photos were taken in Japan, as well as North and South Korea. He has also photographed Asian victims of the Asian-Pacific War, including former “comfort woman” who were forced to be sex slaves for the Japanese army, as well as Koreans and Taiwanese who were drafted to serve in the Imperial Army.

 

被爆者:孫 鎮弘  1924~ Son Jin-Hong 1924-/Hiroshima Hibakusha 
被爆者:孫 鎮弘  1924~ Son Jin-Hong 1924-/Hiroshima Hibakusha 

 役場から召集令状が届いたのです。兵隊になったら生きては故郷に帰れない、覚悟しました。

 着いたのは広島です。兵隊とは言っても、90キロ以上もある砂糖などの袋を船から降ろすのが仕事でした。

 原爆には直接遭わなかったものの、死体処理のために連日にわたって爆心地に入りました。

 広島に行った同じ部隊の125人は、帰国してから白血病などで次々と死亡し、今では18人しか残っていません。

  (広島で被爆 大韓民国在住 1994年)

 

I received a draft notice from my town office. I went with the full awareness that I would never come back alive.

I was sent to Hiroshima. And even though I was a soldier, my job was unloading bags of sugar and other items, sometimes weighing more than 90 kilos, off of boats.

I was not directly hit by the atomic bomb itself, but was in the area around the hypocenter for days afterward, disposing of bodies.

Of the 125 members of my unit who were in Hiroshima, many have died from leukemia and other causes since returning home. Only 18 of us are still alive today.

 (1994, Republic of Korea )

 

被爆者:朴文淑 Pak Mun-Suk1943-/Nagasaki Hibakusha
被爆者:朴文淑 Pak Mun-Suk1943-/Nagasaki Hibakusha

 日本が朝鮮を植民地にし、そのうえに戦争を起こしたので、多くの朝鮮人が原爆で被爆することになったのです。原爆が落とされたとき、母が布団をかぶせてくれたので、私は負傷しませんでした。ですが、妊娠していた母は流産してしまったのです。 私は、原水爆禁止大会のために、日本に行った1992年に被爆者手帳を取得しました。朝鮮民主主義人民共和国では初めてです。  在朝被爆者は1911人が確認されていますが、今は382人(2007年現在)しか残っていません。 長崎で被爆 朝鮮民主主義人民共和国在住  撮影 伊藤孝司

Japan colonized Korea, and on top of this waged the War. As a result, many Koreans became victims of the atomic bombs in Hiroshima and Nagasaki. My mother covered me with a mattress when the bomb hit, so I was spared from injury, but my mother, who was pregnant at the time, later had a miscarriage because of it. In 1992, I received an a-bomb victim certificate when I went to Japan to attend the World Congress Against A-Bombs and H-Bombs. I was the first person from the Democratic People's Republic of Korea to get one. The Korean Atomic Victims for Peace and against Nuclear Weapons, of which I am the vice-president, has 680 members, of which approximately 85% are victims of the Hiroshima bombing. (Democratic People's Republic of Korea    ITOH Takashi)

韓国のヒロシマ Korea’s Hiroshima
韓国のヒロシマ Korea’s Hiroshima

韓国の南部にある陜川(ハプチョン)は、「韓国のヒロシマ」と呼ばれている。

広島で被爆した人たちが多く生活しているからだ。

交通が不便で、経済的発展から取り残された地域に住む被爆者たちは、貧しい生活をしている。被爆による後遺症の十分な治療を受けられないからだ。

陜川の金判根(キム  パングン)と金相根(キム  サングン)の兄弟は、後遺症に苦しめながら農業を続けてきた。

 

広島で被爆 大韓民国・陜川(ハプチョン)在住 1997年 撮影 伊藤孝司

Habcheon, in the south of the Republic of Korea, is known as “Korea’s Hiroshima.”  This is because many victims of the Hiroshima bombing are living there.

 These victims live a meager existence, in a place which is difficult to reach, and which has been left behind in the process of economic development. This is partly because they have not been able to receive appropriate medical care for the aftereffects of the bombing.

 The two brothers Kim Han-Gun and Kim San-Gun, both of whom live in Habcheon, have continued to farm even while suffering from the aftereffects of the bombing.  

(1997, Habcheon, Republic of Korea   ITOH Takashi)

 

※写真家の写真を無断で利用された場合には、罰金をお支払いただきますので、ご注意ください。

■■■ ENGLISH ■■■

 

 

 

 

The World Hibakusha Exhibition

(NPO No More Hibakusha)

#603, Toritsudai Mansion 1-6-7 Nakane, Meguro-ku, Tokyo152-0031, Japan